分速FX24・改

FX投資 FXの用語

オシレーター系指標の基本

オシレーター系指標の基本を

書いてみたいと思います(。・ω・)(・ω・。)ネー








FXチャートを設定する場合に

オシレーター系指標と

テクニカル系指標があります。







テクニカル指標は次回に

詳しく書きたいと思ってま〜す♪









オシレーター系指標のオシレーターとは

「振り子」の意味合いを持っています。



「振り子」ってゆらゆら揺れながら

行ったり来たりしますよね(^_-)-☆





オシレーター系指標は0から100の間の範囲で

推移する指標の事です。







為替の値動きって言うよりも



相場が買い勢力が強いか?

売り勢力が強いか?

って事を参考にするために見る指標です(#^.^#)









オシレーター系指標で代表的なものと言えば


・ストキャスティクス

・RSI

・MACD



などがあります。





静香もFXトレードする時はストキャスティックを

参考にしています(〃▽〃)ゞ









オシレーター系指標を

FXチャートで設定すると0〜100までの

数字の中を行ったり来たりします。







静香の使っているクリック証券ではチャートで

オシレーター系指標とテクニカル系指標

はわかれていません。





でも






マネーパートナーズのチャートの設定では

オシレーター系指標とテクニカル系指標は

別々になっています。







使うFX会社によってチャートの設定方法が

若干違うようです(^_-)











基本的には20パーセント以下

80パーセント以上で判断する事が多いです。










の数字よりも上や下で

相場が買われ過ぎか

または売られ過ぎか?

の参考にしていきます(^−^)











でも












オシレーター系指標だけでFX相場を

判断出来るか?



と言うと結構難しいんですわ(汗)






「だまし」って言うのがあるんですよ!!!






仮にストキャスティクスの指標が

80パーセントのラインを越えた!




FX相場が過熱気味だから売りから入ったら

稼げるかも( *`艸´)ウシシシ






と、思うと思惑とは反して

どんどん上がっていくことも(汗)







オシレーター系指標だけで

FXトレードするのはとっても危険です。







静香もオシレーター系指標を参考にして

トレードした事あります。





でも、オシレーター系指標だけだと

「だまし」にあって怖い目に会う事も(-_-;)





FXはレバレッジをかけれるので

株式相場で言う逆張り(下がって来てから買う)のは

ちょっと危険かもです。






下がっていると言う事は

市場の売り圧力が強いって事ですわ。




世界中で取引されている

FX相場で下がって来たから「買い」

の方式は当てはまらないようです(@_@;)








オシレーター系指標だけでなく

テクニカル指標やチャートの方向なども確認しながら

トレードしていきたいですね♪









script type="text/javascript" src="http://www.infotop.jp/click.js">
月556万円をFXで稼ぐ女性トレーダー直伝の「超カンタンFX入門スタータキット」




銀行金利の1225倍、20%の課税なし“今後50年語り継がれる伝説の投資ファンド”



【年利80%】総開発費16億円、ハイブリッド型システム“賢者”

FX投資 FXの用語

EMA(指数移動平均)とは?

1. EMA(指数移動平均)とは?




今回はEMAについて考えてみたいと思います。





EMAとはなんぞや?

って感じでしょうか(。・ω・)(・ω・。)ネー







では






移動平均線ってご存知ですか?


移動平均線は株式指標としても

もっともポピュラーな指標かもしれませんね(^_-)-☆






EMAは移動平均線と良く似てますが

微妙に違いがあります。






EMAは指数移動平均の事です。

チャート設定でEMは出てくると思います。





静香が使っている、クリック証券のチャートでも

EMAがチャートの設定で出来ます(^◇^)










EMAは指数移動平均の事です。

ちなみに

移動平均線は単純移動平均と言われるみたいです。










どうして

似たり寄ったりの指標があるのでしょうか?










従来使われていた単純移動平均線では

過去のデータからの平均なので

直近の価格との乖離が出てしまいます。






実際の価格よりも遅行性がある

単純移動平均線の問題点を、

解決する為に登場したのがEMA指数移動平均線です(#^.^#)












EMAは、直近の値動きによって

計算されると言う特徴があります。










FXのように値動きが激しい相場では

単純移動平均線よりもEMAの指数平均移動線の方が

指標として値動きに合った動きをします。









EMAは単純移動平均よりもトレンドを見る場合に

使いやすい指標とも言えますね(^O^)/








EMAも移動平均線の一種なので

EMAの指標でも「ゴールデンクロス」や「デッドクロス」

の法則を当てはめる事が出来ますよ!(^^)!










静香はFXトレードを見る時に

EMAを常に見るようにしています。

















最近ちょっとEMAで気になる事が。。











ひょっとして大発見!!!

などと一人喜んでいる静香でした( *`艸´)ウシシシ





って




上手くいかないかなぁ(汗)


FX投資 FXの用語

FX投資 フィナボッチ数について

FX投資 フィナボッチ数について






FX投資でチャートを見るのは大切です。

相場の動きがこれからどうなるか?
判断する為に日々の値動きをチャートや指標を
使ってFXトレードします。





指標の他に静香ママが使っている
フィナボッチ数についてのお話でーす(^_-)-☆














フィナボッチ数はイタリアの数学者の
レオナルド=フィリオ=ボナッチが
後世に伝えたと言われています。









フィナボッチ数とは?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィボナッチ数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


フィボナッチ数列の各項を一辺とする
正方形フィボナッチ数(ふぃぼなっちすう、Fibonacci number)とは、
イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ(ピサのレオナルド)
にちなんで名付けられた数である。





この数列はフィボナッチ数列と呼ばれ、最初の数項は

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, …

である。
定義より、どの項もその前の2つの項の和となっている。




1202年にフィボナッチが発行した
『算盤の書』(Liber Abaci) に記載されたが、
その前に、インドの数学書にも記載されていた。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


フィナボッチ数列の計算式もあるんですが
かなり難しいのでちょっと省略しました(-"-)

書けば長くなるので
興味のある人はウィキペディアのフィナボッチ数で
検索してみて下さいね♪

ってあんまりいないだろうなぁ。。









フィナボッチ数列の計算式で出た数字は1.618033987・・・
という数字になってきます。

この1.618は黄金比率と言われています。









黄金比率は最も美しいとされる比の事です。

近似値は1:1.618、約5:8。
線分を a, bの長さで 2 つに分割するときに
a : b = b : (a + b) が成り立つように分割したときの
比 a : b のことだそうです。










フィナボッチ数列に現れる黄金比率は
映画の「ダビンチ・コード」に出てきてましたよ(●^o^●)



黄金比率って不思議で自然界や動物にも
あてはまるそうですよ♪






例えば




花の花弁の枚数が3枚、5枚、8枚、13枚が多く存在する。

ひまわりの種の並びは螺旋状に21個、34個、55個、89個
とフィナボッチ数になっている。

植物の枝や葉が螺旋状に生えていく時に
隣り合う2つの葉のつくる角度は
円の周を黄金比に分割する角度になっている





など他にもいろいろあるそうです。













FX投資でもこのフィナボッチ数って使えるんです(#^.^#)
フィナボッチ数列の



0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34,


チャートの転換期を見るのに使っています。






相場が上昇傾向の時や下降傾向の時に
今はチャートのろうそく足が何本目かな?
って確認してみます。


1・2・3の線でFXトレードの為替の値動きが
反転する事が多いような気がしますが
上げ相場や下げ相場が続いた時に5・8・13本目の
ろうそく足付近で相場が転換したりします。








フィナボッチ数の特徴で



どの数もその上位の数に対して0.618倍

どの数もその下位の数に対して1.618倍

その数もふたつ上位の数に対して0.382倍


で近付く特徴があるんです(^−^)
フィナボッチ数を利用して
相場の値段を予測する事も出来ます。











FX相場ではトレンドが出た時に

半値戻し(50パーセント)
38.2パーセント
61.8パーセント





で安値からの戻り幅を計算してみるとい以外に
当たる事があります。



フィナボッチ数列も絶対ではありませんが
チャートを見る時の参考になるかもしれません(^◇^)












いろんなテクニカル指標やテクニックを使って
FX投資すれば
安全で確実な投資に近づけるかもです(^_-)










来週も会えると
静香ママめっちゃ喜びまーす♪




FX投資 FXの用語

FX投資 通貨ペアについて

FX投資 通貨ペアについて





FX投資を静香ママは現在USD/JPYの
ドルと円の組み合わせでトレードをしています。




でも、FXの通貨ペアって1つだけではありません。
今回は通貨ペアについて書いてみたいと思います!(^^)!








通貨ペアとは取引を行う通貨の組合わせの事です。

通貨ペアの組合わせは、
FX取扱会社によりいろいろあります。。




通貨ペアの一例をあげてみると・・・



 ・USD/JPY: 米ドル/日本円

 ・EUR/JPY: ユーロ/日本円

 ・EUR/USD: ユーロ/米ドル

 ・GBP/JPY: 英ポンド/日本円

 ・CHF/JPY: スイスフラン/日本円

 ・AUD/JPY: 豪ドル/日本円

 ・GBP/USD: 英ポンド/米ドル

 ・USD/CHF: 米ドル/スイスフラン

 ・EUR/CHF: ユーロ/スイスフラン

 ・AUD/USD: 豪ドル/米ドル

 ・EUR/GBP: ユーロ/英ポンド

 ・GBP/CHF: 英ポンド/スイスフラン

 ・EUR/AUD: ユーロ/豪ドル

 ・EUR/CAD: ユーロ/カナダドル







取り扱う通貨ペアはFX会社によって違いますよ(^_-)

通貨ペアの種類で多い所は
100近いの通貨ペアがあるみたいです。










では通貨ペアとはどんな意味でしょうか?


通貨ペアとは2国の通貨の組み合わせのことです。
FX取引でで使われている用語なので
あまり耳慣れないかも(^_^;)






外国為替は、通貨の交換で成り立っています。

通貨の交換には必ず二つの通貨が一対になっている
必要があります。






米ドルと日本円の通貨ペア → 米ドル/円(USD/JPY)
ユーロと米ドルの通貨ペア →ユーロ/ドル(EUR/USD)














通貨ペアはいろんな種類があるんですが
FX投資する通貨ペアによってスプレットや
取引枚数が違ったりします。


スプレットは各国の金利差で発生するので
通貨ペアによって違いが出てきます。












静香ママが米ドルと円(USD/JPY)でFX投資をしているかと言うと
初心者は慣れるまで情報が得やすい!

アメリカの経済情報やダウ情報など
ニュースでもやってますよね♪

最初は身近な米ドルなどを買うのが良いと
思ったからなんです。
FX投資の資金がもっと増えてきたら違う通貨ペアも
リスク分散で投資したいと考えてます!(^^)!










FX投資方法によって向いてる通貨ペアを選んで
FX投資を行うのがいいと思います♪

スキャルピングですぐに利益を確定したかったら
あまり値動きがない通貨ペアは向いてないでしょうしね。

チャート画面で通貨ペアを変えることが出来ると思いますので
いろんな通貨の値動きを見てみるのも
勉強になるかもしれませんね(^_-)-☆






FX投資しようと思うといろんな事を知ってるほうが
有利だと静香ママは思っています。



しっかり勉強してブログに書いていきたいなぁ
っ思ってます(^O^)/



来週も会えると
静香ママめっちゃ喜びまーす♪

FX投資 FXの用語

FX投資 FXの用語 3 RSIとストキャスティックスとは?

FX投資 FXの用語 3 RSIとストキャスティックスとは?






投資をする上でいろんな指標あります。
全部覚えるのは大変かも(汗)




今回は投資の指標の中でも
相場が今どんな状態であるかを知るための
指標を紹介したいと思います(^O^)









RSIとは?






今の相場が

売られ過ぎなのか?
買われ過ぎなのか?

を示す指標と言われています。





RSIは%で表示されています。








チャートを表示する時に
テクニカル指標の設定で選ぶことが出来ると思います。
利用しているFX会社のチャートで見て下さいね(^O^)









RSIは一般的に





75%以上を買われすぎ
25%以下を売られすぎ





として見ていきます。



RSI=(指定期間内の上げ幅合計)/(上げ幅合計+下げ幅合計)





一応計算方法を書いておきマース!
静香ママは計算した事ないですよ(笑)






RSIを見ているとチャートの動きとよく似ていますが
相場の過熱具合を見れる指標です。






日数の設定で短期、中期、長期を
表示する事が出来ます(^_-)
















ストキャスティックス とは?









ストキャスティックスもRSIと同様



今の相場が
売られ過ぎか?
買われ過ぎか?




示すと言われている代表的なテクニカル指標です。








ストキャスティックスは

%K、%Dという二つの数値から構成されてます。



%Kは早く価格の動きに反応すると言われますが
重要性は%Dが高いとされるらしいです。










ストキャスティックスの指標の使い方としては

%K、%Dがそれぞれ

20%から25%にあるときは売られ過ぎ
75%から80%にあるときは買われ過ぎ

と言われます。




チャートと連動してることも多いですね!(^^)!













トレードチャンスのタイミングを
見る事も出来ちゃいます(^_-)




%Kが%Dを下から上抜いた地点を買いサイン

%Dが%Kを上から下抜いた地点を売りサイン


として利用する事も出来ます。










計算方法は↓こんな感じです。


%K=(KC/KP)*100
%D=(KCの3日移動平均/KPの3日移動平均)*100
 KC=(終値−過去n日間の最安値)
 KP=(過去n日間の最高値−過去n日間の最安値)
slow%D=%Dの3日移動平均













RSIとストキャスティックスとも
どれか1つの指標を参考にするのは危険です!!!


RSIやストキャスティックスだけを見て
FXトレードすると
逆行する事があるのでご注意下さいね(^_^;)



静香ママもFX投資始めた頃に
1つの指標だけみて
トレードしてロスカットしてしまいました(泣)











移動平均線やチャートの時間別の動きと
組み合わせて使っていけばいいと思います!(^^)!














今回は
「FX投資 FXの用語 3 RSIとストキャスティックスとは?」
について書きました。

静香ママが投資で使っている指標です♪
結構見やすい指標じゃないかと思いまーす(^O^)






来週は
「FX投資 FXの投資時間帯」
について書いてみようと思っています!(^^)!









最後まで、読んで頂いてありがとうございました<(_ _)>
また来週お会いできると嬉しいです☆


FX投資 FXの用語

FX投資 FXの用語 2 移動平均線とは?

FX投資 FXの用語 2 移動平均線とは?








移動平均線は投資によく使われる指標の1つです。






チャートを見る時の基本かもしれませんね♪


株式してる方だと
チャートに載ってるので1度は目にした事が
あるのではないでしょうか?







移動平均線とは、
一定期間の株価の終値の平均を
あらわした線の事を言います。












またしても計算方法ですが。


MA=(P(0)+P(1)+P(2)+...+P(n-1))/n
 P(n):終値






移動平均線の出し方の式は上記のようになるそうです。







そのような式で出した数値を、
グラフ上に線にしてあらわしたものが
移動平均線になるんですって(^_-)-☆











移動平均線は期間によって
長期、中期、短期など使い分けをして
チャート分析に役立てます。









5日、10日、25日、50日、75日などの
期間の移動平均を使ったりします。

良くチャート上で使わせるのは
FX投資の場合はのは10日、25日、75日かなぁ。









静香ママが使っている
クリック証券もマネーパートナーのチャート設定でも
移動平均線の短期10日。中期25日。長期75で
設定してありました。







移動平均線の設定は
チャートの設定方法で変更する事が出来ます。
どの期間に移動平均線を設定するかは自由です。











移動平均線はチャートが
これからどんな動きをして行くのかを
知る資料になります。











ゴールデンクロスとデッドクロスって
聞いた事ありますか?






移動平均線では期間の違う
2つの線を利用して売買タイミングを考える事が出来ます。

それがゴールデンクロスとデッドクロスです。














ゴールデンクロスとは
短期線が長基線を下から上に向けて抜いた時に
ゴールデンクロスって言います。


このポイントがFX投資の「買い」の目安になります。







反対にデッドクロスとは
長期線が短期線を上から下に向けて抜いた時に
デッドクロスと言います。



さっきとは反対に今度は「売り」目安になります(^_-)-☆











ゴールデンクロスやデッドクロスでも
移動平均線を短期や長期の線が抜けるだけでは
FX投資の判断基準には少し弱いかもです(^_^;)















また
移動平均線とその日のチャートの関係から
今為替の相場が
売られすぎか、買われすぎかを判断する事が出来ます。







移動平均線より上にあれば買れ過ぎ。

移動平均線より下にあれば売れ過ぎ。

言えるかもしれません。










移動平均線も上手く使いながら
FX投資で資産を増やしていきたいですね(^O^)/


















今回は
「FX投資 FXの用語 2 移動平均線とは?」について書きました。
投資方法はそれぞれ自分に
合った方法でいいと思いますよ♪





来週は
「FX投資 FXの用語 3 スローストキャスティックスとは?」
について書いてみようと思っています!(^^)!












最後まで、読んで頂いてありがとうございました<(_ _)>
また来週お会いできると嬉しいです☆





Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。